家庭でできるシロアリ対策

シロアリ辞典

1章 シロアリについて

シロアリ社会は階級社会で大家族!

アリとシロアリでは、社会の仕組みについても結構異なり、
アリは雌が中心の女社会、女王と不妊の雌である働きアリで基本的には
構成され、雄アリは一時的にしか発生しないそうです。
しかし、シロアリでは生殖虫(女王・王)、働きアリ、兵アリなどの
階級それぞれに雌雄が存在する「シロアリ社会」を形成します。
構造的には人間社会と似た社会性とも言えますが、実際には一つの家族集団、
大家族社会となります。
発展の仕方としては、幼虫からある程度成長するとシロアリの王や女王を助け、
巣作りなどの作業を行い、巣が大きくなると一部の子供が「ニンフ」という階級を経て羽のある生殖虫(羽アリ)となり、繁殖期(4~7月)になると巣外へ出ていき、新たな王や女王として新しい社会集団を作っていきます。