家庭でできるシロアリ対策

シロアリ辞典

2章 シロアリ被害について

家庭でできるシロアリ対策:チェック項目の危険性は?

1最近、近所でシロアリの防除工事を実施した家がある。
ご近所の処理により逃げてくるわけではありませんが、ご近所で被害があった場合、「発生しやすい場所」ということも考えられます。
2最近、羽アリを近所や家の中で見かけたことがある。
繁殖時期にはシロアリの羽アリが飛びまわります。家で大量に発生した場合は、すでに被害が出ているかもしれませんし、お住まいの周りで見かけた場合は、狙われている可能性も。
3廊下等の床に"ブカブカ"するところがある。
4柱等の木部を叩くと"空洞音"のするところがある。
9壁面、モルタルなどに亀裂やふくれがある。
すでに被害が出ている状態かもしれません。単なる住宅の傷みであっても、そこから腐食やシロアリが発生することも。
5最近、雨樋・雨戸が傷んできているように思う。
7庭の木杭等にシロアリによる被害がある。
8雨漏りしている箇所がある。
水気の多い部分・腐り気味の木材をシロアリは好みます。庭の木杭に発生したシロアリがさらにおいしい木材を求め、床下へ侵攻することも十分に考えられます。
6増改築を行ったことがある。(または行う予定がある。)
10以前実施したシロアリ防除工事から、5年以上経過している。
住まい全体に防除施工をしてはじめて予防効果が発揮されますので、増改築部分には再度施工する必要がありますし、保証期間を過ぎると薬剤の効力は急激に低下します。