家庭でできるシロアリ対策

シロアリ辞典

5章 シロアリQ&A

シロアリと営巣

シロアリ知識b

 群飛の後、翅を落した雌は、腹端から雄を誘引する臭いを出し始めるそうです。
 多くのシロアリは、一度に多数の有翅虫が群飛しますので、翅を落した雌雄が相手を見つけることは比較的容易だそう。雌の臭いに誘引された雄は、雌の尾端に頭をくっつけて2輌連結の電車のように営巣場所を求めて移動し、湿気のある柱や切株、地上にある木材の下などに小さな孔を掘っていきます。
 その孔が1対の入れるくらいの大きさになると入口をふさぎ、ここで交尾と第1回の産卵を行っていきます。  第1回の産卵は群飛後の10~20日ぐらいで、その産卵数はイエシロアリで2,30個、ヤマトシロアリでは数個から十数個ぐらいだそうです。