家庭でできるシロアリ対策

まずはシロアリ被害をチェック!

現在のお住まいであてはまる箇所をチェック!チェックの数が多いほど要注意です!

  • 1最近、近所でシロアリの防除工事
    を実施した家がある。
  • 3廊下等の床に“ブカブカ”するところ
    がある。
  • 5最近、雨樋・雨戸が傷んできている
    ように思う。
  • 7庭の木杭等にシロアリによる被害
    がある。
  • 9壁面、モルタルなどに亀裂やふくれ
    がある。
  • 2最近、羽アリを近所や家の中で見かけた
    ことがある。
  • 4柱等の木部を叩くと“空洞音”のするところ
    がある。
  • 6増改築を行ったことがある。
    (または行う予定がある)
  • 8雨漏りしている箇所がある。
  • 10以前実施したシロアリ防除工事から、
    5~10年経過している。

特に4月中旬~7月は羽アリの発生時期です。

チェックの結果をシロアリ辞典で確認するにはこちら

日常のシロアリ予防策

床下の換気を良くする

床下換気口の前に、花鉢・クーラー室外機・プロパンボンベなど換気を遮断するものを置くと、床下換気が阻害
されるので出来るだけ物は置かないほうがいいでしょう。

住宅外壁の湿気に注意する

外壁の近くに植物を置いたり、植えたりすると湿気で外壁が傷みます。外壁が湿気で傷むと風通しが悪くなり
湿気が溜まりやすくシロアリの好む環境になりますので注意しましょう。

建物自体の湿気に注意する

玄関などに毎日水を撒くことで、玄関付近の木材に湿気が高まり、家がシロアリの好む環境になることも。
普段は掃き掃除に留め、汚れが取れにくい時だけ水洗いし、その後良く乾燥させるようにしましょう。

雨漏り・水漏れは早急に修理する

雨漏り・水漏れを放置すると木材が腐ります。その結果、シロアリが寄り付き、羽アリが巣を作りやすく
なります。雨漏り・水漏れはすぐに直しましょう。

ウッドデッキが傷んだらシロアリが好む環境になってしまいます

最近よくご家庭で見かけるウッドデッキですが、外にあるので徐々に痛んできます。
傷んで腐ってしまうと床の耐久性が落ちますので、怪我の危険とシロアリが好む環境になってしまいます。
木材保存材で補修しながら利用しましょう。

庭やアプローチに枕木を使わない

近年ガーデニングで枕木が良く使われています。しかし枕木に塗布されている防腐剤ではシロアリ被害を防げ
ません。それどころか、最初から枕木についていたシロアリが住宅まで被害を及ぼすケースも見受けられます。
雰囲気は良いのですが、シロアリを気にされるならあまり使わないほうが得策でしょう。

それでもシロアリが発生したら調査をおすすめします

無料点検・お見積りはこちらから

お見積りシミュレーション
ご相談・お見積り受付フリーダイヤル 0120-187-647
お問い合わせ