点検調査

シロアリ駆除の施工事例について

侵入経路は床下です

多くの場合、シロアリは土中から家屋の基礎などにある小さな隙間を通り、床下、土台、柱などに入り込み、
家の中へと侵入して行きます。

和室の畳下・木材と同じ成分の畳はシロアリの好物、ウッドデッキ部分・ウッドデッキを経由して住宅内部に侵入、玄関・勝手口ポーチ周辺・基礎本体とポーチの小さな隙間から侵入、床下全域・暗くて湿った床下はシロアリの好む場所

鉄骨・鉄筋・コンクリートでも安心はできません

白アリは床下がコンクリートであっても、僅かな隙間から侵入してきます。床下の基礎部分など、自分で確認
できない場所の点検は、プロの手に任せて定期的に行うことが必要です。

白アリ侵入経路

だから定期的な床下点検が必要です。

点検調査

床下点検の流れ

せっかくの綺麗なお住まいも、土台が崩れてしまっては、いくら「表面上」を着飾っても意味がなくなってしまいます。いつまでも安全で快適なお住まいになるために、5年に一度は「予防する」という心持ちをお願いしています。わたしたち「中部白蟻研究所」も、一度ご縁をいただいたお客様とは「一度点検したから終わり」なのではなく、"そこに住まいがある限り" 一生のメンテナンスをお世話させていただくことを望んでおります。

STEP1 床を開ける
床下収納庫や畳の下から侵入口を確保します。
STEP2 床下侵入
専門スタッフが床下にもぐり、付近の状況確認をします。
STEP3 打診
木をコンコンと叩いて、空洞音がしないかどうかを調べます。
STEP4 目視チェック
シロアリがいないか、シロアリが好む環境になっていないかをチェックします。
STEP5 水漏れ点検
水漏れ箇所がないか点検します。

定期点検でチェックする5つのポイント

住宅は、時間の経過とともに確実に劣化していきます。だから定期的な点検が必要です。
あなたのお住まいが今、どういう状況かを専門のスタッフがチェックします。

ポイント01
水漏れの点検
キッチン・洗面所・浴室・トイレで水漏れがないかチェックします。
ポイント02
玄関部の点検
框内部が白アリ被害を受けていないかチェックします。
ポイント03
床下部の点検
床下に白アリの侵入形跡(蟻道)がないかチェックします。
ポイント04
外回り基礎の
シロアリ点検
外回りの基礎部に白アリの侵入形跡(蟻道)がないかチェックします。
ポイント05
外装の
シロアリ点検
お庭の木柵や切株などを調べ、白アリが生息していないかチェックします。
床下点検は約30分で終了します。

無料点検・お見積りはこちらから

お見積りシミュレーション
ご相談・お見積り受付フリーダイヤル 0120-187-647
お問い合わせ